石神井公園駅前皮フ科

〒177-0041 練馬区石神井町3-24-7 2F
03-6913-3494

石神井公園駅前皮フ科

ブログ

Blog

シミの治療は夏になる前?or 夏が終わってから?


レーザーフォトフェイシャルといったシミ治療は春から夏の紫外線の強い時期は避けたほうがいいですか?という質問をよくいただきます。

レーザーの場合、施術後に炎症後色素沈着という一過性の色戻りのようなものが見られる場合があります。黒い色素を持つ細胞に非常に強いエネルギーのレーザー光があたり破壊されるので、怪我をした後に一時的に傷痕の部分が黒ずむのと同じ原理です。このような炎症後色素沈着に夏の紫外線はやはり良くありません。

女性の方はお化粧をされる方が多いので比較的問題になりませんが、お化粧をしない男性は色素沈着が長く残りがちです。施術後はしっかりと日焼け止めを塗ってください。

 

フォトフェイシャルでは、紫外線の多い夏を過ごした秋よりは日焼けする前の春の方がお勧めだと思います。

フォトフェイシャルはシミの黒い色に反応する光を顔全体に照射するので、日焼けしていると強い照射ができません。シミ以外の皮膚も反応して痛むからです。

白い肌にぽつぽつシミがあるならば、照射してもシミ以外の肌には反応しにくいので強いパワーで照射できます。

夏の間に気づかぬうちに日焼けしてスキントーン(皮膚の色)が濃くなる方がいらっしゃいます。

夏前の白い肌がフォトフェイシャルにはお勧めなんです。(ちろん日焼け止めは使用してくださいね。)

また、色の黒いシミは夏の紫外線をより多く吸収してますます黒くなるかもしれません。夏前にしっかりシミをなくしておきましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ