40代からの、瞼の悩み〜上瞼がたるむ、重くなる、二重が曖昧になるなど|石神井公園駅前皮フ科|石神井公園|しみ・しわのお悩み

〒177-0041東京都練馬区石神井町3-24-7 2F
電話アイコン03-6913-3494
ヘッダー画像

医療コラム

40代からの、瞼の悩み〜上瞼がたるむ、重くなる、二重が曖昧になるなど|石神井公園駅前皮フ科|石神井公園|しみ・しわのお悩み

40代からの、瞼の悩み〜上瞼がたるむ、重くなる、二重が曖昧になるなど

 若い頃ははっきりした二重だったのに、最近まぶたが重くなって奥二重になったり、二重の線がなくなったなど。これは「眼瞼下垂症」の初期症状かもしれません。

 眼瞼下垂には先天性のものや重症筋無力症のような難病によるものなど、様々な原因がありますが、多くの方は加齢に伴って症状が出てきます。

 加齢によって起こる代表的な眼瞼下垂には、「腱膜性眼瞼下垂」と「上眼瞼皮膚弛緩症」とがあります。

腱膜性眼瞼下垂とは『筋肉のゆるみ』でまぶたを持ち上げる筋肉が伸びてしまい、目を開こうと思っても開けない状態になります。

上眼瞼皮膚弛緩は『皮膚のたるみ』で、上まぶたがたるんでしまい起こるものです。多くの場合両目に生じます。

治療はそれぞれの原因や程度により異なります。

余った皮膚を切ったり、ゆるんでしまった瞼を挙げる筋肉を縫い縮めるなど様々な方法があります。

 まだ症状が軽度で切るほどではない、切るのは先にしたいという方に瞼を糸で止めるだけの方法もございます。いわゆる二重手術の『埋没法』と同じ方法ですが、皮膚がたるんだ分、二重の幅を調節して留めます。

一時的なものとなり、将来的には切開法などが必要となる可能性はありますが、4ー50代のうちはまだまだこの方法で済む方も多いです。

腫れも少なく痛みもほとんどく、仕上がりも自然な感じです。

形成外科専門医が施術します。

是非一度ご相談ください。