石神井公園駅前皮フ科

〒177-0041 練馬区石神井町3-24-7 2F
03-6913-3494

石神井公園駅前皮フ科

ブログ

Blog

白癬 (水虫、タムシ)


白癬 (水虫、タムシ)

 

白癬は皮膚糸状菌というカビによって生ずる感染症で、国民の5人に1人は足白癬に、10人に1人は爪白癬に感染しているといわれています。

1)足・手白癬
足の趾のあいだにあかみ、鱗屑(皮膚のはがれ)、小水泡を生じるもので、痒みが強い「趾間型」、足(とくにかかと)の皮膚が厚く、ひび割れて、痒みがない「角質増殖型」があります。手白癬は糖尿病や免疫力の低下した方に起こります。

2)爪白癬 多くは爪の外側や横から菌が侵入して、爪が白く、厚く、もろくなります。軽度であれば、外用剤のみで治療ができますが、多くの場合、飲み薬が必要となります。

3)体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)はかゆみを伴い、境界が鮮明な環状の紅斑として現れます。股にできるのが、いわゆる「いんきんたむし」です。広がって肛門周囲にまで届くこともあります。

4)頭部白癬(しらくも) 頭部にフケが付着した境界のはっきりした局面としてみられます。残っている毛も簡単に抜けてしまいます。皮膚の深いところまで感染すると、永久に脱毛となることがあります(ケルスス禿瘡)。最近はTrichophyton tonsurans(トリコフィトン・トンズランス)よる感染が増えています。

 

白癬菌の診断は皮膚の表面に存在する角層や毛、爪に寄生するので、白癬菌が寄生している部位をメスやハサミでとって、顕微鏡で観察します。この直接鏡検によって白癬菌が見つかれば白癬で、見つからなければ白癬ではありません。市販の水虫の塗り薬を塗っていると正しい診断ができませんので、受診の2週間前から外用を休止してください。

足の裏に水泡ができる、かかとの皮膚が厚くなる、痒くなるなどの症状は白癬以外の皮膚病でも見られます。きちんと診断を受けてから外用を開始しましょう。

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ